つなろぐ。

京都の大学生、日々を綴る。

「いつやるの?今でしょ!」ってアタマじゃ分かってるけど、できないんだよ~って人へ(まじで僕もそれですわ)

 

まぁ要するに、「今やれよ!」ってのを自分に言い聞かせるためのハナシをします 脳内思考垂れ流しのため読みづらくてゴメンネ

結局のところ、未来では、今やってることしかやれないよね、多分。なんか語弊ありそうだけど、なんていうんだろうか。「今やってることの積み重ね、その延長線上にしか、未来はない」っていうニュアンスかなぁ。「練習で出来ないことを、本番で出来っこないっしょ」みたいなニュアンスとも似ているかも。

「今やってることでしか、自分の将来を保証し得ない」んだろうなぁ。あ、違うわ。将来がどうなるかなんて分かったこっちゃないから、今やってることで未来が保証されるなんて言い方は止そう。未来は誰にも分かりません。だからこそ面白いんだ。

「今やってることが、何かしらのきっかけで、未来の生き方に繋がってくるんじゃないの?」とまぁ、そういう風な言い方にして、僕はぬる~く今を生きているわけです。キホン楽観的だから。

 

ところが一方では、こんなことを言い出す人もいる。「どうなるか分からない未来なんでしょ、どうせ。そんなお先真っ暗五里霧中、試行錯誤の闇の中を、なんでこんな苦しい思いをしてまで頑張らなきゃいけないの?今を、そうやって生きることに、何の意味があるの?」ってね。

うーむ、これは困ったものです。何が困ったって、明らかに正論じゃん。そうだわ、ホントにそうなんだわ。今をそこまで頑張らなくてもいいんだよね。時が経てばなるようになっていくんだよね。だから、そこまで無理をして今を頑張る、その意味が分からないんだよね。

その気持ち、今ならすげーよくわかる。今をめっちゃ頑張るのって、アレ相当大変なことなんだよね。いや、「今やればいいじゃん!」ってのは分かってんだよね。けど、できないんだよね、これが。実際言うと、僕はね、全然できてないです。頭ん中で思い描いている理想は、晴れ晴れと澄み渡っていて、「いや、お前もうコレめっちゃいいじゃん!やるしかないじゃん!今じゃん!」ってなってるのに、なんかね、やらないんだよね。文字にしてみるとまじで滑稽だわ。アホじゃねーかと思う。

 

他人からどう見られてるか分からないけど(まぁあんまり興味ないけど)、おそらく僕は世間一般で言うところの「意識高い系」ではないです。最近けっこう「意識高いね~!」って言ってくる人いるけど、当方全く覚えがないです。多分、彼ら彼女らの抱く「意識高い系」のイメージと僕にとってのそれは、違うんだろうね。僕は「とにかく行動派」がいわゆる「意識高い系」だと勝手に思ってる。んで、自分はそういう「意識高い系」ではないと思ってる。別になろうとも思わないや、とも思ってる。それがある種の強がりであるということも、感じている。

嫌われる勇気』によれば、今の僕は、「劣等コンプレックス」なんだわな。

「思い描く理想は素晴らしいのに、実際には行動に移せない。だから、心の底から満足のいく毎日が送れない。ガンガン行動できる意識高い系の奴らと自分は違うんだ。仕方ないのさ」と勝手に勘違いしている。

実際は、「今の自分を変えたくない、ガンガン行動するのはめんどい、心の底から満足のいく毎日を送りたくない」という自分の本心を合理的に納得させるため、「超アクティブ意識高い系と自分は違う人種なんだ」という勝手な思い込みを持ち出し、都合の良い解釈をしているにすぎない。

「今を生きることができない」から「満足いかない」のではなく、

「満足したくない」から「今を生きない」んだと。

うん、今はこの解釈でいこう。今いちばんしっくりくるのはこの考え方だ。まぁたまたま『嫌われる勇気』を参考にしただけであって、これが僕の現状を分析するのに最善かつ唯一の解ではないですが。とりあえず、これに従ってみるとする。

 

あとはさ、今やらないことの理由を、今現在以外に求めるからおかしくなるのかも。華々しい過去とかさ、憂鬱な未来とかさ。もう過ぎ去ったこととか、存在するかどうか見当もつかないことに悩んだって、なんも面白くなくね?少なくとも僕は、そう思う。

まぁたしかに、そりゃ自分を肯定したいから、過去や未来に思いを馳せることだってあるよ。楽しかった中高生のころを思い出したり、部活も受験もそこそこ頑張ったなぁと感慨にふけったり。あるいは、自分がこれから歩むであろう人生ってどんなだろうかと、期待に胸を膨らませることもある。むしろ、多々ある。そうやって楽観的に生きられるところが、自分の長所だとも思うから。

でもね、そうやって物思いにふけったあと、必ず戻ってくる場所がある。それが「今、ここ」だ。僕は「今、ここ」にしか生きられないから。そんで、「今、ここ」に何も無いと、寂しくなるんだよね。「あれ、俺って生きてんの?ただ、"死んでない"ってだけじゃないの?」そういう気持ちになる。これね、めっちゃ嫌だね。生き地獄ね。過去や未来にばかり生きようとして「今、ここ」を生きないから、こういう感覚になるんだろうね。

だから、今やらないことの理由は、今現在に求めるべきだと思う。別にやらなくてもいいんだよね。現状維持したいから、今は動き回るの面倒くさいから、今は幸せな人生を送りたくないから、今はやらない。うん、それがいいっすよ。他でもない自分がそう思うんなら、そうすればいいだけの話だ。

ただ、僕はそれで人生終わるのは嫌だから、「やる」という選択をしたい。それも、「今やる」という選択を。

変化したいのか、行動したいのか、幸せな人生を送りたいのかは、今の自分の行動に表れている。心の底の思いはじわじわと行動に滲み出ている。すげぇ単純な話だ。