つなろぐ。

京都の大学生、日々を綴る。

【本日の1曲】 「口がすべって」 - Mr.Children


Mr.Children 口がすべって - YouTube

実に示唆に富んだ曲。

僕の大好きなフレーズが散りばめられています。

 

口がすべって君を怒らせた

でも間違ってないから謝りたくなかった

分かってる それが悪いとこ

それが僕の悪いとこ

 「ゆずれぬものが僕にもある」だなんて

だれも奪いに来ないのに鍵かけて守ってる

分かってる 本当は弱いことを

それを認められないことも

自分の悪いところ、弱いところ、それらを認められないことを分かっている「僕」。

分かっちゃいるんだけど、素直になれない。だから、認められない。 

譲れないものがある、と自分にプライドを持つことは素晴らしいこと。

しかしそれは時に、世間体を保つためだけの嘘で塗り固めた鎧にしかならない。

その鎧に縛られて身動きが取れなくなっている。

そういうのはある意味、「自意識過剰」なのではないかな。

君が思ってるほど他人は君のこと、見てないから。気にしすぎなくていいよ(笑)

 

思い通りに動かない君という物体を

なだめすかして 甘い言葉かけて 持ち上げていく

もう一人の僕がその姿を見て嘆いてるんだよ

育んできたのは「優しさ」だけじゃないから。。。

争い続ける 血が流れている

民族をめぐる紛争を 新聞は報じてる

分かってる 「難しいですね」で

片付くほど簡単じゃないことも

他人の心なんて、本当のところは分かりっこない。

その事実だって、痛いほど分かってる。 

それなのに、自分とは違う生き物の「君」を動かそうと躍起になっている。

本当はそんなご機嫌取りなんてしたくないんだろう。「僕」も「君」も自由に生きたいんだろう。

そう言って、もう一人の僕は嘆いている。

「優しさ」と括弧つきになっているのがいいね。

他人におもねって、ご機嫌を取って、世間を味方につけたつもりになって。

そんなのが本当の優しさだろうか?それが本当に「和」を重んじているといえるのだろうか?

…たぶん違うよね、きっと。そういう「僕」の主張が聞こえてくる、大好きな一節です。

 

誰もがみんな大事なものを抱きしめてる

人それぞれの価値観 幸せ 生き方がある

「他人の気持ちになって考えろ」と言われてはきたけど

想像を超えて 心は理解しがたいもの

他人をすべて理解しきるのは不可能に近いけど、

それでも、「人それぞれの価値観、幸せ、生き方がある」って事実を認めるんだっていう、そういう不断の努力が大切だよね。

 

流れ星が消える 瞬く間に消える

今度同じチャンスがきたら

自分以外の誰かのために

願い事をしよう

奇跡とでも思えるような好機が降りかかってきたとき、

それを他人のために遣おうと思えるだろうか?

僕はまだまだ、そこまで人間ができてない。自分のために遣っちゃう。

いや、でも、自分に投資し続けるのは大切なことだ。 

他人を幸せにするのは、自分が幸せになってからだろう。

 

それでも、「自分は満たされてるから、この好機をあなたにあげますよ」って、

遠慮なく、見栄も張らず、晴れ晴れと言える人間になりたいもんです。

 

口がすべって君を怒らせた

でもいつの間にやら また笑って暮らしてる

分かったろう

僕らは許しあう力も持って産まれてるよ

ひとまず そういうことにしておこう

それが人間の良いとこ

と、いうわけで、

人間は、お互いを許しあうことができる。

人間は、お互いを認めあうことができる。

それを「知っている」だけで十分。おーるはっぴー。

 

てな人間賛歌的なところに行きつくわけですね。

個人的には大好きな歌です。

今日はこれを聴きながら梅田へ。大切な友人たちに会いに行きます。

 

お読みいただきありがとうございました。

おしまい