つなろぐ。

日々を綴る。

【雑感】「ゆとり世代」と「若者論」について思うこと

お久しぶりです。 1年以上ぶりでございます。はてなにも戻ってきて、ついでに1年間の休学&東京生活も終えて、京都に帰って参りました。目下、就職活動中ですが、息抜きとして、いろいろゆるゆると書いていこうかと思っています。どうぞよろしくお願いいたし…

ざれごと

東京に移り住んですぐ、下宿近くの大衆居酒屋へと足を運んだ。 大衆居酒屋は、好きだ。 若者向けチェーン店に比べて若干値段は張るかもしれないし、フードもドリンクも種類は劣るかもしれないが、それでも昔ながらの店のもつあたたかさが勝る。常連さんや女…

【問題】昇華していくつもりだった積読本を9割ほど失った著者の気持ちを述べよ。

カーチャンは強い。 カーチャンは強い。 (大事なのでもう一度) カーチャンは、強い。 ウチのカーチャンは自他ともに認める掃除好きであり、モノが溢れ気味な実家での断捨離を断行するのが日々の生きがいである。 カーチャンは、自身のストレス解消と家族の居住空間の美化を一挙に担…

これからも人間でいたい僕は、怒るのをやめようと思う。/アルボムッレ・スマナサーラ『怒らないこと』

怒りとは何だろうか 怒りは毒である。 怒りは人間の内部から生まれる毒である。 それは例えるならば、火である。 シヴァ神の纏う火は、すべてを燃やし尽くす。 (パズドラの話じゃ、ないんだぜ。) 火は、つまり怒りは、触れるものすべてを燃やし尽くす。 で…

だんしゃりばんばん/やましたひでこ『不思議なくらい心がスーッとする断捨離』

きゃりーぱみゅぱみゅ - にんじゃりばんばん,Kyary Pamyu Pamyu - Ninja Re Bang ... しゃりーぱみゅぱみゅ『だんしゃりばんばん』 ※にんじゃりばんばんのリズムでお楽しみください 爽やかに ポイして だんしゃりばんばん なんだか だんしゃりばんばん 「も…

想像的な創造のうちにこそ、幸福はある/三木清『人生論ノート』

人生論ノート (新潮文庫) 作者: 三木清 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1978/09 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (42件) を見る 死、幸福、習慣、嫉妬、成功、偽善、希望、個性などなど。23の議題について、三木の鋭い哲学…

あふれんばかりのいとおしさを、愛すべきヘンタイたちに贈る/森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』

あふれんばかりにいとおしい。このひとことに尽きよう。 常人には理解しがたい変態的趣向。青春を棒に振ってやまない頽落的日々。「俺たちに明日はない」と自分に言い聞かせるように(本当は明日のことなんて考えたくないだけ)今のみを生き抜く。そんな京大…

直球ド真ん中で「きょろきょろ」しよう!/内田樹『日本辺境論』

「きょろきょろ」 丸山真男は日本人の精神態度の基本的なパターンを、上の擬態語でもって言ってのけた。 日本辺境論 (新潮新書) 作者: 内田樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/11 メディア: 新書 購入: 29人 クリック: 793回 この商品を含むブログ (35…

「生きる意味」と「死への覚悟」/内田樹『街場の現代思想』

当方、現代思想について知っていることもとくになければ、本書を読んでそのエッセンスを余すところなく吸収できたと言えるわけでもない。ただ、言ってることはなんとなく分かる(気にさせる)ように書くのが上手いというか、そこが好きでもありニクいところ…

〈子ども〉になれない僕(ら)の強がりをひとつ聞いてくれ

小学5年生の男たち(アホの集まり)には「ベリーメロン」くらいが面白いほどハマったものだった。 〈子ども〉の哲学 <子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス 作者: 永井均 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/05/20 メディア: 新書 購入: 17人 ク…

ふたつの「みやこ」

雪国、しかも真冬の最中にこの世に生を受けたためか、寒いのは得意なんでしょう?と言われることも少なくない僕だが、まったくもってそんなことはない。寒い。ああ寒い。 この底冷えの厳しさたるや、故郷のそれを思わせるほど。京都ってなんでまた、夏はうだ…

「オトナの世界」も「ほんとうの自分」も、街に出なきゃわからないのね

もさもさと、わた雪の降りしきる京都の朝。2015年の始まりも大変な大雪だったが、2月の始まりも雪とともに。目を覚ましてすぐに、「そうだ、金閣、行こう。」 京都に住んで早や3年が経とうとしているのにもかかわらず、京都の冬の代名詞である雪化粧の金閣を…

「打倒・積読!」宣言

春から大学を休学して、東京に移住し、とある企業でインターンシップをさせていただくことになった。そんなわけで京都の下宿も綺麗サッパリ、引き払う用意をしなければならない。さきほど、2015年の暦も2月に突入した。この1か月の間に「断捨離男子」として…

沈黙は語る

こないだの話。 バーにて。 隣の席のおばちゃんが喋りかけてきた。 はじめは「あぁどうも」って感じで応対してたけど、おばちゃん、まぁ喋るわ、喋るわ。 なんか、「全神経を働かせて相手の発言のどんな些細な特徴も聞き逃さず、全力で会話の糸口を見つけ、…

「自分と向き合う」ことの功罪

Facebookとかでいろんなひとが「自分と向き合う」ことについていろいろ書いている。(僕のFacebookの友人にはそういうのが好きなひとたちが多い。ってか2回生後半あたりからなんか急激に増えた。笑 冗談抜きで。笑) たしかにたしかに、自分と向き合うことは…

「明日野郎はバカ野郎」・・・?

明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう 「明日がある」なんてこと、どこの誰にわかるだろう。 この平穏な日常も、いつ終わりが来るかわからない。 たまたま日本という国に生まれて、たまたま普通の暮ら…

ひとり旅で、ひとりごと。

8月の下旬に、青春18きっぷを使ってひとり旅をしていた。 当方、そこまでアウトドア派ではないが、一度何かに首を突っ込むと一気にのめりこむ性分ゆえ、旅にハマればとことん旅をするという。結局、10日間くらいずーっと旅をしていた。 さて。 ひとり旅って…

ひとりぼっちが寂しい人へ

故郷に戻っていた。 夏の帰省は10日ほど。 ゆったりとした時間を過ごすことができた。 実は今回の帰省、大切なことを気づかせてくれた。 深く、温かい人間関係 大学3回生にもなって10日間も帰省できるというのは、なかなか有り難いことである。 同級生は、…

あの日から7年

Facebookからの転載です。 --- 【あの日から7年】2014.7.16新潟県中越沖地震の発生から7年が経ちます。自宅は全壊被害を受け、1か月の避難所生活、その後1年5か月にわたる仮設住宅生活を強いられました。未曽有の大災害のなかで、数多くのものを失った反面、…

予定通りにいかないからこそ、面白いんだろ、人生は。(ぶっちゃけ夏休みの予定狂いまくってそこそこ涙目わろえない)

こんばんは。 みなさんは夏休みの予定、もう決まってきた頃ですか? 今年は僕の学年が3回生ってことで、周りも実習やら就活やら何かと忙しそうでね。 まぁそんな忙しい中を縫って、お楽しみ企画を遂行しようとしてるわけですね。 ただまぁ、そういうときに限…

良い子は寝ましょう。

こんばんは。 漢検勉強してて面白い言葉を見つけましたよ。 「円木警枕(えんぼくけいちん)」 (意味)苦労して懸命に勉学に励むたとえ。また、物事に精励して寝る間も惜しむこと。眠り込んでしまわないように、すぐ転んで目が覚めるようにした丸木の枕の意…

【本日の1曲】 「口がすべって」 - Mr.Children

Mr.Children 口がすべって - YouTube 実に示唆に富んだ曲。 僕の大好きなフレーズが散りばめられています。 口がすべって君を怒らせた でも間違ってないから謝りたくなかった 分かってる それが悪いとこ それが僕の悪いとこ 「ゆずれぬものが僕にもある」だ…

漢字検定を受けてきた話

お久しぶりです。 漢字検定を受けてきた 6月22日に、平成26年度第1回目の漢字検定試験を受けてきました。 受検級は準1級。 今年の正月に一念発起して勉強し始めたらこれが意外と面白い。近代の小説とか評論文とかによく出てくる漢字や言い回しの表現ってのは…

『嫌われる勇気』の岸見一郎先生と話して考えたこと

とあるシンポジウムに参加してきました。 『嫌われる勇気』著者の岸見一郎先生をはじめ、各方面で活躍されているオトナのみなさんを招いて、生き方について考えてみようって感じでした。 「ほほぉ~」と思ったこと 岸見:2006年に心筋梗塞を患い、生死の境を…

ホタルノヒカリ

こないだ、哲学の道に蛍を見に行きました。 ※ネット上にあった哲学の道の蛍の写真をお借りしました。 雨上がりのムッとした湿り気。蛍が好みそうな気候。 目撃情報ではけっこうな数の蛍が群れて飛んでいるとのことでしたが、残念ながらその日は群れても2,3匹…

誕生日に幸せを感じる理由

単純に考えて、「感謝」ではなかろうかと。 誕生日には、たくさんの人がお祝いのメッセージをくださいます。 そのひとつひとつに、「ありがとう」で返します。 これだけで、幸せになれてるんじゃないかな、と。 普段、ここまで「ありがとう」を意識すること…

表現しない自由

はじめに(実話) とある講義にて、とある教授は言った。 「学問の世界において、誰かが発表したことにたいして質問や意見、果ては感想すらないなどということは、大変な失礼に当たります。かならず何かしらの発言ができるように、注意して聴き、考えなさい…

「○○でいい」より「○○がいい」

さっき、散髪してきました。 美容院ではヘアスタイルの注文とかしなきゃいけないですよね。 僕はいつもと同じにしてもらうことが多いので、あんまり凝った注文とか付けるの苦手なんですが。 美容師さんに「○○な感じにしましょうか?それとも△△のほうがいいで…

「いつやるの?今でしょ!」ってアタマじゃ分かってるけど、できないんだよ~って人へ(まじで僕もそれですわ)

まぁ要するに、「今やれよ!」ってのを自分に言い聞かせるためのハナシをします 脳内思考垂れ流しのため読みづらくてゴメンネ 結局のところ、未来では、今やってることしかやれないよね、多分。なんか語弊ありそうだけど、なんていうんだろうか。「今やって…

2014.5.22

日記。 はじめに アナと雪の女王 『生まれてはじめて』 [Radio sound source] - YouTube こいつが頭から離れない。 すっげぇいい歌だ。 一日中、脳内再生。 バリバリ読む 自殺論 (中公文庫) 作者: デュルケーム,宮島喬 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: …